税理士事務所でのバイト

私は税理士事務所でバイトをしています。

税理士の鬼嫁も事務員をしています。

最初のうちだけ事務仕事をして、家事があるとかで抜けていきます。

そんな事が毎日続きます。

それぐらいで高額の月給をもらって羨ましいです。

私だけ仕事をしている事が多いです。

税理士は昼過ぎまで寝てたり、仕事の付き合いだと言ってゴルフに行きます。

事務所にいる時も世の中はいかに絵が描けるかだと持論を語り、仕事の邪魔をします。

なんか世の中の仕組みを変えないといけないと感じました。

利己的でわがままな人がますます特をすると言う感じです。

食事会があるのですが、鬼嫁の失言を聞くか税理士の妄想を聞かされるだけなので行きたくないです。

行かないと言うとしつこく理由を聞いてきます。

そして不参加を猛烈に批判します。

私は二度と税理士事務所で働くまいと思いました。

ワンマン会社なども避けようと思いました。

税理士は2億円の自宅兼税理士事務所を建てる事にしたそうです。

法律通りに仕事するだけなのに、どうしてこんなに需要があるのだろうと不思議です。

普通顧問税理士は一人なのに、元税務署OBを余計に雇っている会社もあり、不可解な事が多いです。

所得税の特別徴収と言うのがあるのですが、極端に低い金額で書いておいてって指示されるし、税理士の仕事の現実を知って残念です。

世の中は公平にすべきだの金に汚い奴はダメだの言っておいて、

収入が多くて遊んで過ごして税金を少ししか払わないという不公平な事をしています。

さらに労働基準法に違反している給料の計算の仕方をしています。

注意すると少しずつ改善が見られて今ではすっかり普通の人になって良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です